最高級名古屋コーチン丹波ささやま地鶏の美味しい鶏肉と産みたて卵お取り寄せ

丹波ささやま地鶏 お問い合わせ   TEL 079-506-7700
Mail tamba@sasayamajidori.com
〒669-2201 兵庫県丹波篠山市東古佐95
トップページ丹波ささやま地鶏とは商品一覧特定商取引法による表示プライバシーポリシーお問い合わせ買い物かごの中を見る
お客様の声 簡単お料理レシピ例 よくある質問

 名古屋コーチン丹波ささやま地鶏のお手軽簡単お料理レシピ例
名古屋コーチン丹波ささやま地鶏の簡単お料理レシピ例
名古屋コーチン丹波ささやま地鶏は恵まれた自然環境の中で、抗生物質を添加しない完全無薬の安全な専用のエサを食べて、広々としたスペースでノビノビと運動しながら元気に育っています。食の安全と、感動的な美味しさに徹底してこだわった、お客様史上一番おいしい鶏肉と卵
飼育直送、産直でお届けいたします。

 ■名古屋コーチン丹波ささやま地鶏の簡単お料理レシピ
炭火塩焼き 【もも肉、むね肉の炭火塩焼き】・・・焼き過ぎると元に戻りません
 イチオシ鶏もも肉、スッキリ鶏むね肉を少し大きめにブツ切り
 お皿に並べて、お肉の表裏に軽く少量の塩を振りかける
 (塩をしたらスグに焼いてください!そのまま放置すると肉汁が出てしまいます)
 網に並べ、表面がこんがりキツネ色になると返しながら焼いてください
 超安全な鶏肉です。焼き過ぎぬように注意してください

手羽の塩焼き 【手羽先、手羽元の焼き鳥】
 手羽先、手羽元の裏側より骨に沿って隠し包丁を入れると焼き上がりに食べ易いです
 最初に手羽の表裏から軽く塩を振りかけ、すぐに焼き始めてください
 ガスコンロなどのグリルに並べて、返しながら焼いてください。
 よく運動して育った丹波ささやま地鶏の手羽は、お肉が骨にギュッと絡みついています。
 豪快にかぶりついてください。シコシコとした歯応えと甘味を感じます 

ささみたたき 【ささみ霜降りたたき】・・・少し大きめに切ってお召し上がりください 
 ささみを真空パック未開封のまま自然完全解凍(急ぐ場合は流水に浸ける)  
 ささみの筋を引き、熱湯に一瞬(約1~2秒)浸ける
 表面だけサッと白くなる程度で、用意した氷水に取り出し、余熱を取る
 布巾、キッチンペーパーなどで表面の水分をよく切り、適当な大きさに切る
 ショウガ醤油、ワサビ醤油、ポン酢、など お好みでお召し上がりください

バンバンジー 【スッキリ鶏むね肉バンバンジーお料理レシピ】
 スッキリ鶏むね肉を完全解凍して皮を取る(手で簡単に引きはがせます)
 皮を取り除いたスッキリ鶏むね肉を横向きに約1cm位の幅で切る
 切ったスッキリ鶏むね肉をお皿に並べ、ラップをかけて約2~3分レンジにかける
 千切りのキュウリ、レタスの上に盛り付け、胡麻ドレッシングをかけて出来上がり。 
 変わり種として、焼き肉のタレをかけてみるのも いかがでしょうか?

丹波ささやま地鶏すきやき 【イチオシ鶏もも肉すきやき料理レシピ】
 ササガキごぼう、ネギ、しいたけ、菊菜、人参、豆腐、などお好みでをご用意ください
 酒、砂糖、濃い口醤油、みりん、水、を同量で割り下を作り、お味を確かめ、お好みに調整
 白菜など水分の多い野菜類は割り下の味を薄めますので敬遠。 
 もも肉は半解凍で横向きに5mm位の幅に切る。鍋に割り下を入れ沸騰させる。
 沸騰すれば、お肉以外の具材を多めに入れ、ひと煮立ちさせ、お肉は食べるに合わせて
 少しずつ鍋に入れ、3~4分でお召し上がりください。お肉の炊き過ぎにご注意! 

コラーゲン鍋 【手羽先、手羽元コラーゲン鍋お料理レシピ】
 手羽先、手羽元の裏から骨に沿って隠し包丁を入れ、ガスコンロのグリルで表裏を軽く素焼きする。
 青梗菜(チンゲンサイ)を葉と茎に切り分け、人参は5mm位の輪切りにする。
 鍋に適量の水を入れ、素焼きの手羽と椎茸、青梗菜、人参を入れ
 中火で、時々アクを取りながら1時間ほどジックリと煮る。
 火を止めて約30分放置し、コラーゲンスープは塩、コショウで味を調えお飲みください
 手羽、野菜はポン酢、麺つゆ、などお好みでお召し上がりください

鶏ハム スッキリ鶏むね肉ハム お料理レシピ】
 スッキリ鶏むね肉1枚の皮を剥ぎ取り、分厚い部分は包丁で観音開きにして全体の厚みを大体そろえる。
 あとで巻きやすいように幅もそろえる。
 塩と砂糖(各同量)を手でもみ込んで馴染ませ、密封袋に入れ、空気を完全に抜き
 24時間冷蔵庫で寝かせ、熟成させる。
 熟成したスッキリ鶏むね肉を水に浸けて、十分に塩抜きしてから ラップで巻き、両端をねじって輪ゴムで止める。
 大きめの鍋にタップリの湯を沸騰させ、沸騰したら火を止めて中に入れ蓋をする
 湯が冷めるまで約7~8時間浸け置くと出来上がり (沸騰したお湯の余熱で調理する)

丹波ささやま地鶏ローストチキン 【丹波ささやま地鶏ローストチキンお料理レシピ】
   1)丸鶏のお腹の中は綺麗に水洗い(血あいなど取り除く)してお届けいたします
   2)鶏の表面、お腹の中に塩とブラックペッパーを丁寧にまんべんなくまぶします
   3)お腹を上にして置き、お腹の中にローズマリーとタイム、半割にしたニンニクを入れます
   4)お腹の中身がこぼれ出さないようにお尻を閉じて爪楊枝で止めます
   5)脚を高く持ち上げて胸の上で重ねてタコ糸で縛ります
   6)鶏をひっくり返し、背中を上にして置き、手羽の部分をひねって胴体にくっつけ、楊枝をさして固定する
   7)オーブンの天板にオーブンシートを敷き、四隅をねじって皿のようにします。
     オーブンの天板の上に鶏の背を上にして30分ほど置きます。 この間にオーブンを230℃に予熱
     焼く直前に鶏にオリーブオイルを回しかけ、刷毛で鶏全体に塗ってください
   8)230℃に予熱しておいたオーブンで15分焼き、その後オーブンの温度を180℃に落とし、さらに40分焼く
     15分おきに天板を取出して、出てきた脂を刷毛につけて全体に塗ります。
     刷毛がなければスプーンで脂を掬って上から回しかけます
     途中で焦げそうな部分があればアルミホイルで覆って焼いてください
   9)ももや胸に竹串を刺して透明な肉汁が出れば焼き上がりです。
     濁った肉汁が出てくるようであれば、さらに焼き時間を追加してください
  10)鶏の焼き上がり20~30分ほど前に、鶏の周りにお好みの野菜を入れて一緒に焼いてください
    焼きあがった丸鶏を皿に盛り、付け合せにお好みのグリル野菜を盛り付けて出来上がり!



値引きポイントプレゼント!食後の感想をお寄せください食後のご感想をお寄せください!


トップページ  商品一覧 買い物かごの中を確認する

送料無料商品




【割引、送料無料】おすすめギフト・贈答品


名古屋コーチン丹波ささやま地鶏1羽セット